© 2020 Global Press グローバルプレス/在外ジャーナリスト協会 All Right Reserved. contact: info@globalpress.or.jp

Search
  • 伊勢本 ゆかり

本当にいた! 理想の王子様


アラブ首長国連邦には、国内外から圧倒的な人気を集める王族がいる。現ドバイ首長の次男、ハムダン王子だ。

25歳の若さで皇太子に任命されたハムダン王子は現在34歳。いまだ独身である。精力的に公式行事や王室行事に出席し、皇太子名を冠したスポーツ競技や文化競技会を開催。チャリティ事業の立ち上げやドバイの教育・医療分野に注力したりと、就任後の真摯な仕事ぶりが評判で、国民からの人望は厚い。

ハムダン王子はその端正な顔立ちでも名高く「世界のハンサムな皇族」ランキングの常連。国内外で評判のルックスだ。加えて私生活はゴージャス。乗馬、鷹狩、マリンスポーツ、スカイダイビングやスノーボードをこなす一方で、詩人というロマンチストな一面も。まさに、絵に描いた理想の王子様そのものなのだ。それでいて嫌みがなく自然な王子の素顔は、父親同様飾らない人柄。地元ではハムダン王子に憧れ、愛車や職場のデスクに肖像画を掲げる同世代の男子も多い。

いかにも新世代の王族らしく、ソーシャルメディアで国内外にドバイの生活を発信。特にインスタグラムへの投稿写真が話題となり、ドバイ首長国の認知度アップに貢献しているのも事実だ。

白馬に乗ったハンサムな王子様が、甘美な詩を綴る――おとぎ話のような世界が、実在すると想像するだけでもワクワクする。ただ相手はイスラム教国の王族。宗教上、未婚男女の大っぴらな交際は好ましくない。独身王子の写真を女性が個人的に持ち歩いたり、キャーキャーとアイドルのように騒ぎ追い駆けるのはタブーとされる。今どきの王子とはいえ、あくまでも敬意をもって、しとやかにお慕いするのがこの国の流儀らしい。

「海外女性通信」『婦人公論』2017年2月14日号掲載


551 views