検索
  • 岩澤 里美

ベルリン 「バックフラッシュ」のクッキーミックス


コスモポリタンな街ベルリンは、自然体で自分らしさを表現する人たちが行き交う。その姿に思わず元気が出てくる。そんな楽しい気分をお土産選びでも味わうなら、雑貨店「アウスベルリン」がお勧めだ。

アレキサンダープラッツにそびえるテレビ塔前の同店に集められたのは、個性派の地元発のアイテムたち。瓶に入ったクッキーミックス「バックミッシュング」は、つい手に取りたくなる。

手軽な瓶には小麦粉、砂糖、ドライフルーツ、ハーブといった材料が層状に密封してある。手作業で詰めているため、一瓶ずつが微妙に違う絵柄だ。愛らしくて飾っておきたいが、「蓋を開けて、今すぐ焼きたくなると言う方が多いですね」と考案者のジルビー・アーシッヒさんは話す。

ドイツ語のシヒテ(層)とゲシヒテ(歴史)をかけて言葉遊びをし、各ミックスをベルリンの歴史と結びつけたのは文化学を専攻した彼女ならではの発想だ。週末、食品市や蚤の市で賑わうボックスハーゲナー広場にちなんだ「ボックスハーゲナー・プレッツヒェン」にはリンゴ、スミミザクラの実、ニンジンを混ぜ合わせる。一〇〇年以上前から、農家が地元の青果をここで売っていたことを思い起こさせる。

ちなみに商品名も、綴りが似たプラッツ(広場)とプレッツヒェン(クッキー)をかけあわせた。

「お菓子作りが苦手でも大丈夫です」とのアーシッヒさんの太鼓判通り、私にも上手に焼けて、家族や友人から大いに褒められた。焼き上がりは、ぜひこの瓶に入れて保管したい。

ausberlin

Karl-Liebknecht-Straße 9, 10178 Berlin

☎+49 30 97005640

www.ausberlin.de

(情報は2016年4月現在のものです)

バックフラッシュ (www.backflasch.de)のクッキーミックスは全11種類。

直径7㎝、高さ21㎝の1瓶の材料に卵やバターを混ぜて、60~80枚のクッキーが作れる。

ドイツ国旗の3色をクッキーで表現した‶Plätzchen der Republik”、

ウサギの抜き型付き‶Hasenheidesand”など、いずれも14.9ユーロ(約1,840円)。

5月にはクミン、ニンニク、ゴマなどを入れた初めての塩風味も発売。

人気のコルヴィッツ広場の市場に出店のほか、テレビ塔前にある左記「アウスベルリン」など市内随所で販売している。

(2枚の写真は筆者撮影 転載元の写真とは異なる)

JAL’s in-flight magazine “AGORA” June 2016 issue

掲載


54回の閲覧

最新記事

すべて表示

中 東生:トーマス・ハンプソン(Br)

レパートリーオペラでの名声に安住することなく、現代オペラにも精力的に出演し続けるトーマス・ハンプソン。コロナ禍でもポジティヴに、クラシック音楽を守るために奔走する、そのパワーの秘密を探るべくスイスの自宅を訪問した。 〈半生〉 私はアメリカの小さな町に生まれ、父は原発の技師でした。音楽的素養を持っている母は90歳で健在です。歌やピアノが上手い姉が2人いて、私も8歳からピアノを習いましたが、先生に恵ま

© 2020 Global Press グローバルプレス/在外ジャーナリスト協会 All Right Reserved. contact: info@globalpress.or.jp

  • Facebook