検索
  • 中 東生

自らを「詩人」と定義する鬼才クルレンツィス、音楽と愛について語る


いま話題のギリシア出身の指揮者テ オドール・クルレンツィス。ロシアの サンクトペテルブルクでイリヤ・ム ーシンやユーリ・テミルカーノフに 学び、ノヴォシビルスク国立歌劇場 を経て、現在はペルミ国立オペラ・バ レエ劇場の芸術監督を務める。アン サンブル・ムジカエテルナおよびム ジカエテルナ室内合唱団を創設した ことでも知られるクルレンツィスを ペルミに訪ねた。

ペルミを音楽の首都に

ロシアのペルミで開催される第 回デ ィアギレフ・フェスティヴァルも中盤に 差しかかった6月 日、突然降り出した雨に、雫を滴らせてオルガンホールの応 接間に現れたテオドール・クルレンツィスは、ふだん発散しているオーラをお行 儀良く仕舞ったような素顔で、穏やかに 歓迎してくれた。

中(以下N) ここペルミから、とてつも なく大きな新潮流の波が世界をのみ込んでいくようなエネルギーを感じますが、 これが5年前にペルミ・オペラ劇場と契 約した時にやりたかったことなのですね。

クルレンツィス(以下C) 音楽に大切な のは「今、生きている」音楽として生か してあげることなのです。過去に生まれ た音楽を、その後の時代の影響をふまえ、発展させたものとして演奏することによって、現代に再現されることの 意義を与えられるのです。大切なのは、常にリノヴェイション していくことです。実は音楽界 には真実が少ないのです。言っていることとやっていることが 違うような、真実を含まない音 楽は聴衆には伝わってしまい、つまらないものになってしまい ます。そのような音楽界を改革 するには、古い体制を破壊しな ければなりません。しかし、ペルミには既存のシステムがなか ったので、破壊せずに求めてい た方向で音楽をつくっていくこ とが出来ました。

N 5年の契約を、さらに5年延ばすサインをしたばかりです が、次の5年は何を目標にしていますか。 C 改革の基盤は、この5年で でき上がったので、次の5年は 質をより高めていくことです。現在の音 楽界には、僕のような考えを持っている 音楽家が意外に多くいます。彼らをペルミに招いて、どんどん改革を進め、ペルミを音楽の首都にしたいと思っていま す。このアイディアは日本にも有効だと 思います。東京、大阪に集中するのでは なく、無名の町を音楽によって興していくのです。信念とヴァイタリティを持った、しかるべき人間を立てて・・・。 西洋は もう「過去を展示する美術館」のように存在するのみで、これからはアジアです。 日本には素晴らしいホールがあり、優れ た演奏家、オーケストラも存在します。 でも、西洋の真似をしていてはダメです。独自の文化に根を下ろした独自の音楽を 創り出していかなければなりません。

可能性に賭ける自由さが必要

N 今回のヴェルディ《椿姫》もやはり斬新ながら自然なアプローチのヴェルデ ィで、ロックのようなビートが感じられ る部分すらありましたが、ハリウッド・ スターのポートレートも撮るウィリアム・ ウィルソンの演出に合わせたのですか。

C 以前彼が僕の家に来た時、メシアン の曲を聴かせてイメージを語ってもらい ました。その時に、彼の表現が僕の求め ている音楽と合うことがわかったので、協働することにしました。僕の現時点で の《椿姫》の演奏は、別の演出家だった としてもこのアプローチです。

N 同じく、今回のアルフレードにしても、チューリヒ歌劇場での、ヴェルディ 《マクベス》でマルコムを歌っていたアイ ラム・ヘルナンデスを急遽スカウトした そうですね。確かにゴージャスなマルコ ムでしたが、そのような冒険とも言える 選択をする際に、成功するという自信はどこからくるのですか。

C 自信というより、可能性に賭ける自 由さが必要なのではないでしょうか。人 生はドラマ・ジョコーゾ(おどけたドラ マ)です。僕はこれからここでリハーサ ルがありますが、あなたと空港に行って、 オーストラリアに飛び、そこでインタヴ ューを続けるという選択肢もある。時差 はあるかもしれないけれど、そこでは冷 えたドリンクを楽しめるとか、そういう 可能性にフレキシブルでいたい。

音楽はミッション

N フェスティヴァル期間中もご自身の コンサートやリハーサルの他、複数のコ ンサートやフェスティヴァルのイメージ 香水のプレゼンテーション・イヴェントにも顔を出し、それ以外にこうやってイ ンタヴューを受けたり、次の企画を練ったりと、そのエネルギーはどこから来るのですか。

C 愛からです。僕は音楽を愛しているし、人を愛したら、飽きることなくエネルギーを注ぐでしょ。ロックはエネルギ ーがあるし、エネルギーがなくなると「クラシック」になっちゃうから(笑)。ちなみにユーモアは大切です。ユーモアのない人間は決して信用してはなりません(笑)

N 「音楽はミッションだ」と仰いますが、 何を達成するためのミッションですか。

C 二つのポイントがあります。一つは 僕の音楽によって聴衆を幸せにするこ と。もう一つは、それによって皆さんが より良い人間になること、そして、自分 をより良く知れるように、自分自身と対 話する機会を与えられることです。

N「より良い人間」というのは、他人に優しく出来るようになる、などの意味で すか。

C 周りの人により良く接するようにな ること、それは、たとえば、まずはあな たの夫に優しくすること、一人ひとりが 周りにより良く接することが、世界を変 えていく力になります。

N それは今の残酷な世界状況も示唆し ていますか。

C キリストは「敵を兄弟のように愛せ」 と言っています。実行は難しいですが、 この世は次の世への筋力トレーニングの ようなものです。

N 貴方との度重なる共演で、東方正教会の洗礼を受けた歌手もいますね。それも「ミッション」ですか。

C 神に近付く道を切り開くのは、どの ような道程にしても有効なことです。僕の音楽がその助けになれば光栄です。

クルレンツィスは自分を「詩人」と何 度も定義していた。ダイレクトな問答を かわす思考回路は詩人的かもしれない が、哲学者と話しているような錯覚を与 えるのはギリシアの遺伝子だろうか 。

『音楽の友』( 9月号グラビア/p46-47)


0回の閲覧

© 2020 Global Press グローバルプレス/在外ジャーナリスト協会 All Right Reserved. contact: info@globalpress.or.jp

  • Facebook